2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコンとプレステ

FC&PS

先日、十数年に渡って愛用していた電子辞書が壊れて使用不能になってしまいました。
私は漢字に疎く、手書きで文章を書くときなどに重宝していたので、無くなると非常に不便なのです。で、思い切って新しい電子辞書を購入しました。

今までの電子辞書は漢字のみでしたが、新しく購入した電子辞書には12種類もの辞書が収録されています。収められている情報量の差に、しみじみ時の流れを感じてしまいました。

その中に「カタカナ語新辞典」という辞書があり、試しにいろいろなカタカナ語を打ち込んでみたのですが、そのときに「ファミコン」と入力してみると、
「任天堂が1983年に発売した家庭用カセット式ビデオゲーム専用機器」
という説明がちゃんと出てきました。
しかし「プレステ」または「プレイステーション」と入力しても情報はありませんでした。

FCもPSも、それぞれの時代で家庭用ゲーム機の市場でトップシェアを勝ち取り、大ブームを巻き起こしたハードです。
出荷台数、発売されたソフトの数などはPSの方がFCよりも上回っていますが、世間への認知度という点においてはまだまだ「プレステ」は「ファミコン」に及ばないという事なのでしょうね。
実際、PSやPS2の事を「ソニーのファミコン」という人もいますし。

最近、ニンテンドーDSの大ヒットにより、再び任天堂が復権してきているのではと言われています。
内容が複雑化し、開発に莫大な費用がかかるPS2のゲームよりも比較的安価に制作でき、ゲームならではの面白さを追求しているDSがもてはやされるのは分かりますが、任天堂という名前を聞くと、あのFC、SFC全盛期のころの
「客を客とも思わない傲慢な殿様商売」
が思い浮かんでしまうので、任天堂復権と言われても素直に喜べないのであります。

まあ、最近はソニーの方もかなり傲慢になってしまっているので、どっちもどっちかも知れませんけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanjaku.blog17.fc2.com/tb.php/66-976ffc69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。