2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の漫画…続き

前回に続き、読み返してみた昔の漫画を記してみます。

「八神くんの家庭の事情」全7巻
「妖魔」全2巻
作者:楠桂

「八神くん~」は中学3年の頃、高校受験を間近に控えていた時期にサンデー増刊号を読み、面白かったので単行本を買うようになりました。
その後、OVAの「妖魔」を観て楠氏の漫画にハマり、他の単行本を探しては買い集めるようになっていきました。
「獄炎堂」「鬼魔」「古祭」のようなホラー物が好きでした。
恥を忍んでりぼんコミックスの「妖魔」「ぼくの学校は戦場だった」などを買ったのも、今では懐かしい思い出です。
楠氏の双子のお姉さんである大橋薫氏も漫画家をされていて、二人で合作本や写真集を出したりしていましたね(もちろん買いました)。
ただ、高校に入ってからは次第に楠氏の作品とは疎遠になり、いつしかコミックスを買うこともなくなりました。
最近、姉妹で運営されている公式サイトを覗いてみましたが、昔とは絵柄なんかがガラリと変わってしまっていました。ちょっと驚き。
大橋薫氏は18禁ゲームの原画なども担当されているとか。う~ん、この方もあまり色気みたいなものを感じない作風の人だったのになぁ…と、ちょっと複雑です。
いや、18禁ゲームが悪いと言っているのではないのですが。
御二人とも、いつまでもお元気で漫画を描いていてほしいですね。

「軽井沢シンドローム」全9巻
「NERVOUS BREAKDOWN」全13巻
作者:たがみよしひさ

先に知ったのは「NERVOUS~」の方でした。2頭身と8頭身を使い分ける作画が印象的で、後から「軽井沢~」を買い集めて読みました。
たがみ氏の作品も結構買い集めました。「依頼人から一言」「精霊紀行」「なくしたピース」「それさえもおそらくは平凡な日々」etc…。
一番お気に入りだったのは、やっぱり「NERVOUS~」でした。短編物では「妄想超人マイナマン」「今年も十九」が好きです。
最近、「軽井沢~」の続編である「SPROUT」を連載されていますが、読んでみた感想としては、ちょっとノレないなぁ……と。
新主人公である薫平のキャラクターは、今の時代にそぐわない感じがします。

中学~高校時代はジャンプ系の漫画はほとんど読まず、定期的に読んでいたのがサンデーの週刊ではなく月刊の増刊号や、ウイングスやNORAなど、マイナー系の雑誌ばかりでした。
「ドラゴンボール」や「キャプテン翼」など、未だに一度も読んだ事はありません。
おかげで学校などで、周囲の話題と合わない事この上ありませんでした…。
ウイングスもNORAも、今はもうありません。

最近はさすがに昔ほど漫画を買わなくなりました。歳という事もあるのですが、現代の漫画は目を通して見ても設定が複雑過ぎて付いていけない作品ばかりになってしまって、購読する気になれません。
十代の頃なら付いていけたのかも知れませんが、今はとても…。やっぱり歳を取って、頭も衰えてきているのでしょうか。

自分が死ぬまであと何年あるのか分かりませんが、上で紹介したコミックスは、おそらく最期の日まで手放す事はないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanjaku.blog17.fc2.com/tb.php/62-53bfbb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。