2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラセブン12話について

フラッシュ

昼間、時間が空いたときに何気なく某掲示板を覗いてみたら、今週号のフラッシュで、現在欠番となっているウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」の特集をしているというではないですか!

是非ともその記事を見てみたくなり、仕事中であったにもかかわらずコッソリ抜け出してコンビニに行き、雑誌を入手しました。
で、記事の内容なのですが、袋とじに「12話を誌上で再現!」と書かれていたので映像のキャプチャー画像かなんかを使ってフイルムストーリー風にしてあるのかと思いきや、新調した着ぐるみを使ったスチール写真のみ…ちょっと肩透かし。

しかし、白黒ページの記事はかなり読み応えがありました。
抗議の先鋒となった人と佐々木守氏の対談形式になっていて、アンヌ隊員役のひし美ゆり子さんの12話に対する意見、それとスペル星人の人間態を演じた人とセリフをアフレコした人のコメントは初めて目にしました。
当時の抗議の経緯を見てみると、作品の内容ではなく雑誌などに掲載された「ひばく星人」という肩書きが一番の問題だったようです。実際に抗議しに来た人は、12話を一度も観ていなかったとか……。
記事の総意として、「是非を徹底的に議論するためにも12話を公開すべき」という感じでした。

私も「遊星より愛をこめて」は公開すべきだと思います。もちろん修正など加える事無くオリジナルのままで、です。
特撮サイトの記事などで12話のあらすじは知っていますが、一部で誤解されているような、被爆者を差別するような内容ではありません。誤解されたままこの12話が葬り去られてしまうのは、一特撮ファンとしても納得できませんし、記事にも書かれていたように「表現の自由」を奪いかねない事になりかねないからです。
以前にひし美さんが仰っていたように、映像ソフトの売り上げを一部被爆者支援のために寄付するなど、方法はいくらでもあるでしょうに…。

円谷プロは現在「ノーコメント」を貫いていますが、不当な理由で封印されてしまったセブン12話の問題に正面から向き合ってほしいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanjaku.blog17.fc2.com/tb.php/51-d95bfa13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。