2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックスは王道、響鬼は邪道?

死ぬほど暑い日が続いていますが、何だか今年はセミが少ないような気がします。いつも夏になると、庭先にセミの幼虫が這い出てきた穴がボコボコ空いたりするのですが、今年は穴がひとつも見当たりません。
セミの幼虫期間は大体6年なので、今年成虫になるセミは99年生まれということになりますが…う~ん、99年の夏にセミがどれくらいいたかなんて、もう覚えてないですね。

今日は、昨日録画しておいた「ウルトラマンマックス」をチェック。
先週、レッドキングを倒したマックスの前に、新たなる怪獣が出現…!という所からの続きです。

新怪獣は、ピグモンが大人しくさせたのでマックスは退却。移動を続ける怪獣島は、このままでは日本に激突してしまうため、DASH本部は島の爆破を決定。即時撤退を命じられても、仲間の命を救うために捜索を続けるDASHメンバーと、口では命令違反を咎めつつも皆の無事を祈る長官が好印象です。
傷付き、気を失ったカイトをピグモンが救います。そして、カイトはピグモンから事の真相を知らされます。ピグモンは昔、異星人に送り込まれてきたロボットである事、この島に文明を広めたが、レッドキングによって島の住民は滅ぼされてしまった事…。
自分を犠牲にしてまでもカイト達を救おうとするピグモンを助け、再びカイトはマックスに変身。体内に爆発物を秘めているレッドキングを宇宙空間まで運び、爆破します。
爆破の時間が迫る怪獣島から一緒に逃げようと言うカイトの誘いを断り、ピグモンは自ら封印の石像となり、怪獣島は爆破1秒前に忽然と姿を消してしまいます。怪獣島の存在は、滅亡の危機に晒されている現代の人類への警告だったのか…何はともあれ、事件は終わりました。

やはり最後はピグモンとの悲しい別れで終わってしまいましたが、初代ウルトラマンの時のように殺されてしまったわけではないので、まだ救いがありました。これが「ネクサス」だったら容赦なく殺されていたでしょうが、明朗快活路線のマックスならではの幕引きでした。

その後、「仮面ライダー響鬼」もチェックしましたが…う~ん、あまり印象に残っていません。いつも通り、マカモーが出て、童子と姫が出て、それを響鬼たちがダラダラ、ヘラヘラと退治に行くだけ…という感じでした。
あと、ヒビキはトドロキに対して妙に意地が悪いように見えますが、ああいうのは観る人によっては反感を買うのでは?

「響鬼」は、番組を通して何が言いたいのか、よくわからないんですよね。主人公のヒビキも「理想の大人」には程遠い感じがしますし…。今の子供たちは、響鬼を観てどんな感想を抱いているんでしょうか。番組のコンセプトがはっきりしている分、個人的には「ウルトラマンマックス」の方が評価が高かったりします。
でも、劇場版はちょっと期待できそうですね。テレビとは違った響鬼を見せてくれそうです。
でも、観に行くヒマ、あるかな…?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanjaku.blog17.fc2.com/tb.php/16-b010bf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

邪道

邪道邪道(じゃどう、本名:秋吉 昭二(あきよし しょうじ)、1968年9月28日 - )は、東京都港区 (東京都)|港区出身のプロレスラー。たけしプロレス軍団 (TPG) のオーディションに合格してプロレス入り。デビュー戦は、1989年3月19日オランダ・アムステルダムのエイデンホー

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。