2007-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選から1週間

首相…

参院選の投票日から、一週間が過ぎました。
ご存知の通り、歴史的な惨敗を喫した自民党は大騒ぎでありまして、首相続投を決めた安部晋三総理大臣に対する風当たりも日に日に厳しくなっています。
実際、首相に就任してからの安部総理は、あやふやな言動ばかり繰り返す「コンニャク状態」で、自分の意見というものが全く表に出てこない、何とも頼りない印象ばかりが目立っていました(今もそうですけど)。
なるべく敵を作るまいとしてたんでしょうが、その優柔不断さ&空気の読めなさが裏目に出て、逆に敵を倍加させてしまっています。
北朝鮮の拉致問題も、安部政権になって前進するどころか、むしろ後退していますし…。この問題に関しては様々な要因があり、一概に安部首相のせいとは決め付けられないのかも知れませんが、拉致被害者の家族達は安部政権に期待していただけに、失望も大きいでしょう。
自ら命を絶った松岡氏や、少し前に騒がれた赤城氏の進退問題に対しても、よく指摘されているように「空気読めない」ぶりを露呈しまくり、後手後手に回って問題を大きくしてしまうという悪循環ぶりです。
その他にも様々な不祥事が表沙汰になり、国民の信頼が地に堕ちた自民党に票が入らないのは当然の成り行きだったのです。

私も先週の投票日はかなり悩みました。
こんなに投票相手を選ぶのに苦労した選挙も珍しいです。
自民党なんて死んでも入れたくないし、かといって民主党が信頼できるのかといえば答えはNO、ですし、その他の政党も似たり寄ったり…。
20歳で選挙権を与えられてから、なるべく選挙権は行使するようにしてきたのですが、今回の参院選はもう「誰も信じられない」状態で、今回の投票は棄権しようかな…と半ば本気で思いました。
しかし、父親に
たとえ納得できなくても、その中で折り合いを付けて自分の責任を果たすのが大人だぞ
と諭され、投票所の前で10数分悩んだ末、投票してきました。どこに投票したのかは伏せますが、あそこに入れて良かったのかな…と、今でも引っかかってたりします。
筋肉少女帯の大槻ケンヂ氏が雑誌の記事で「一度も選挙に行ったことが無い」という理由に、
他人なんて信用できないから、誰にも入れたくない
というような事を語っていましたが、その気持ちは分からなくもないです。
ただ、やっぱり投票した人間でないと、とやかく言う権利も無いよなぁ…とも考えてしまいます。

ま、利権やしがらみで雁字搦めになっている今の政界じゃ、誰が舵取りしても同じですけどね。

約1ヶ月ぶりの更新ですが、何だかスカスカな内容ですみません。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。