2007-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixi日記でファン罵倒? ガイナックス取締役辞任

ガイナックス

ガイナックス制作のTVアニメ「天元突破グレンラガン」に関する騒動が一大事になっているようですね。
ガイナックス取締役の赤井孝美氏と同社の社員がmixiの日記に書き込んだ文章が閲覧者の怒りを買い、ついに赤井氏の取締役&プロデューサー辞任という事になってしまったとか。

私は「グレンラガン」なるアニメを一度も観たことがないのでよく分からなかったのですが、何でも第4話の作画がそれまでとは明らかに違っていて、それが原因と聞いています。
mixiを覗ける環境にないので直接閲覧していませんが、赤井氏と社員の日記にこんな文章があったとの事。↓

「バーカバーカ、キモヲタ死ね!」
「こんな奴らを相手に商売しなきゃならんのかと思うとうんざりです」
「(2ちゃんねるに対して)オール匿名だし、ひとつの板で書いてる人って同じ奴が数人でグルグル書いてるパターンが多いから、だんだん中毒っちゅうかね、他人よりすごいこと書きたくなる。『オレはオマエらとは違うんだぜ。』と。そんなのマトモに読むのは、肛門に顔近づけて深呼吸するようなもんです。必ず屁を吸ってしまいますぞ」

「(作画に対しての批判について)素人が知ったような口をきくなっつーの」

……ん~。まぁ、2chでボロクソに叩かれて、相当ムカっ腹立てていたんだろうな、という事は容易に察しがつくのですが、制作側の人間が、公の場でここまで露骨に書いちゃったのはマズかったと思います。

「グレンラガン」という作品のファンでも何でもない人間が大勢で便乗し、いたずらに騒ぎを拡大させてしまったという側面もあるでしょうし、この作品に限らず、アニメやコミックスなどの制作側にいる人達が、オタク層と呼ばれるファンを快く思っていないというケースも多々あるでしょう。しかし、エンターテインメントで何が一番マズいかというと、舞台裏を客に見せてしまう事だと思うのです。
公式サイトに謝罪コメントを掲載し、赤井氏が辞任しても、ファンに抱かせてしまった『これを作っている連中は、自分たちを見下しているんだ』という印象はもう拭えないでしょうね。

実際に番組を観ていないので、作画については何も言えません。
まぁ要するに、
「良かれと思って描いた作画をクソミソにけなされ、カチンときたスタッフが怒りにまかせてつい乱暴に書き殴ってしまった文章」
という事なんでしょうか。
一時の感情で突っ走ってしまうと、不幸を招きかねないという事ですね。
今後は私も気を付けたいものです。

しかし、mixiという場は最近こういう話題を量産していますね。
ベッドの上で撮ったニャンニャン写真流出、飲酒運転や暴行沙汰などの犯罪自慢日記など、次々と問題が露わになっています。
限られた人しか見ていないんだから、という気の緩みから、そういう書き込みが多くなるのでしょうが、利用者は十分に注意を払わないといけませんね。
紹介制といってもインターネット上に構築されている以上、完全に遮断された場所というわけではないのですから。
スポンサーサイト

都知事選挙

3選達成

日曜日に行われた東京都知事選挙は、石原慎太郎氏の勝利に終わりました。
投票率は54.3%で、前回よりも10ポイント近く回復。自民&公明両党の手厚い支援を受けた事と、2期8年の実績が強みとなり、対抗馬の浅野史郎氏らに大差を付けての圧勝でした。

私個人の感想としては「ああ、やっぱりね」でした。
一部マスコミなどが大々的なネガティブキャンペーンを展開したりしていましたが、何だかんだ言っても石原氏のネームバリューは強いですし、それなりに仕事もしています(仕事をしてないという批判もありましたが)。
まぁ、石原氏の全てに賛同できるわけではありませんが、今回の選挙に限って言えば、
「石原氏に不満があっても、他の候補者がお話にならない」
という状況だったように思います(個人的にですが)。

特に打倒・石原の最有力候補とされていた浅野史郎氏ですが、普段から独特のナショナリズムを前面に出す石原氏を意識してか、正反対のカラーを打ち出そうとしていたように見えます。ただ、それがプラスに働いたかというと……。
イデオロギーについてあれこれ言うのは好きではありませんが、浅野氏の
「隣国の悪口を云々」
という発言や、いわゆる<そっち系>の人達を集めた応援演説などは、都民の人達に好意的に受け入れられたとは言えないかと思います。
あくまで個人的な意見なのですが、<隣国>に関して言えば、現状ではとても親しみを持てませんし(おそらく向こうもそう思っているでしょう)、拉致問題などもあって、慎重にならざるを得ない問題です。
そういった現状を見ても、浅野氏の作戦は失敗だったと思います。
石原氏に負けた原因は「自滅した」という部分もかなり含まれていたのではないでしょうか。まぁ、浅野氏がもともと<そっち系>と深い関係にあった人だったのでしょうが。

私としては、ミギかヒダリかという思想論をする事は本意ではありません。
しかし、今までのように「沈黙は美徳」「言わぬが華」では済まされない状況に日本が置かれているのも確かです。
まぁ、私のようなショボクレ男が語るべき話題ではないのでしょうが…。

うっかり…

メイド喫茶 資料本

先日、ネットを見ていたら、とある記事が目に付きました。

某メイド喫茶の公式サイト内にある日記に不適切な内容が含まれており、その日記が削除された後、その記事を書いたスタッフ(メイド店員)を(本人の意思により)除名とした…という記事です。

問題となったのは3月17日付の日記で、日記の最後に
「帰り道でお金を拾ったので皆でお買い物&お茶をしました」
と書かれていた部分があり「横領ではないか」とネット上で騒ぎとなったため、今回の処分となったとの事。
複数の人間がお茶を飲んだり買い物をしたり出来たのだから、それなりの金額だったのでしょう。それをご丁寧にもネット上でバラしてしまったため、彼女は除名される羽目になりました。
もちろん、この日記を書いた元メイド店員に悪気は無かったのでしょう(でなけりゃ書きませんね)。

バカだなぁ…と笑い飛ばすのは簡単なのですが、これはホームページやブログを手がけている人全員が持っている危険性なのですよね。
この記事を読ませていただいた「おもしろコミュニティ 緑count」にも書かれていた事ですが、mixiなどで問題になっている犯罪告白文書などと同じで、「ネットが公の場である」という事を失念してしまっている、という事が多々見受けられます。
ネット環境さえあれば、地球の裏側からでも閲覧できる場である事を認識しないまま日記や文章を書き記すのは、大いなる危険を伴います。
過去の犯罪自慢ともとれる日記を掲載し、ブログが炎上するという事件は何度も起きていますし、そういった騒動が、ブログ製作者の人生そのものすら狂わせてしまう事もあります。

かくいう私も昨年、某特撮作品に対して行き過ぎた批判文を書いてしまい、お叱りを受けるという失態を犯しています…。
同じ失敗を繰り返さぬよう、気を付けたいものです。

ネットの危険性を再認識するとともに、己を見つめ直す機会となった事件でした。

桜咲く

今年の桜

今年も桜の季節となりました。
花見をするには生憎の悪天候が続いていますが、週末にはまた大勢の花見客が桜の木の下を訪れることでしょう。

桜が咲く頃になると、何となく浮付いた雰囲気が世の中に漂います。
4月というのは、学生の人は入学式や新学期を迎えたり、社会人としてデビューしたりという「新たなるスタート地点」であり、社会人にとっても新年度の始まりだったりします。
高校時代、私は男子校だったのですが、桜の季節になると盛りが付くのか、クラスの友人たちが、
「今年こそ彼女を作るぞーっ!」
と騒いでいたのを思い出します。そのうち何人かは彼女を作る事に成功しましたが、私を含む大部分は3年間、何の成果もないまま卒業を迎えました。
今では懐かしい思い出です。

私は昨年、救急車のお世話になり、入院&手術というものを初めて経験しました。幸いすぐに退院できましたが、放っておいたら命が危ない…という状況でもありました。
そのせいか、今年は桜を見ると、
「ああ、今年も無事に桜を見ることができて良かった…」
と思ってしまいます。

今まで生きているのが当たり前みたいに感じていましたが、昨年の経験を境に、今こうやって生きている事、普通に生活できている事がどれほど有難いかを、少しだけ分かるようになったと思います。

来年の桜も、無事に見られますように。

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。