2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレステ3はなぜ失敗したのか?

表紙

昨年11月、鳴り物入りで発売されたものの、高価格と良質なソフトの不在が響き、任天堂陣営の後塵を拝し続けているPS3。
ライバル機であるWiiとの差は開く一方で、このままでは最下位確定扱いだったX-box360にも抜かれかねないという惨状ですが、どうしてこういう状況を招いてしまったのか?というテーマを扱った本が出版されたので、遅ればせながら購読してみました。

著者は「超クソゲー」などのゲーム著書で知られる多根清史氏。ネット上では散々語りつくされているものの、メーカーとの兼ね合いで心にもない提灯記事しか載せられないゲーム専門誌ばかりの中、PS3の不振について初めて本格的に活字にした(と思われる)本です。

本書では、任天堂がファミコン用のディスクシステムを発売した1986年に、当時ソニー社内で2インチディスクの開発チームを率いていた久夛良木健氏がアプローチを試みたのが最初の始まりであった事が書かれています。
当時、すでに先進的とはいえない規格であったクイックディスクを採用した任天堂に対し、自分たちが開発している2インチディスクの優位性をアピールしたものの、これは空振りに終わりました。しかし、次に久夛良木氏が持ち込んだPCM音源がファミコンの後継機であるスーパーファミコンに採用され、任天堂&ソニーの共同開発となるはずだった「第一次プレイステーション計画」へと繋がっていきます。
余談ですが、久夛良木氏は1988年に発売されたセガのメガドライブにもアプローチをかけていたようで、久夛良木氏が開発した2インチディスクを採用した外付けタイプのディスクドライブが発売予定に上がっていました。が、これも日の目を見ないままお蔵入りになっています。

その後、任天堂とソニーは決裂して計画は白紙となり、SCEIが結成されて初代プレイステーションの発売となります。3D表現に強いスペック、CD-ROMを採用した低価格路線などが功を奏して、任天堂を追い落とす事に成功したのは記憶に新しいところです。
しかし、この本では初代PS成功の「影」にも触れており、当時は画期的に見えた「改革」が本当に効果的なものであったのか?という疑問を投げかけています。
「適正な流通」に伴う値崩れ防止策の失敗、「CDショップでゲームソフト販売」路線の失敗など、成功した初代PSにも様々なつまづきがありました。それでも任天堂やセガに勝てたのは、初代PSが「時流」に乗れたから。
そしてPS2時代になってからは、以前ここの記事でも触れましたが、初代PS時代の良さがどんどん失われていき、PS2は作り手、遊び手双方にとって「敷居の高いマシン」になってしまいました。
発売当初、SCEIが誇らしげに語っていたPS2の性能的優位性には「扱い手の熟練度が伴う」という但し書きが付き、「夢のようなスペック」には程遠い仕様であった事、久夛良木氏が自信満々にブチ上げた「プレイステーションBB」も、まともなサービスを提供することなく規格倒れに終わった事などが重なり、加えてPSXの失敗、PSPの初期不良問題とサポートの不手際など、SCEIが急速に勢いを失っていった経緯が綴られています。
そしてソニーという会社が持つ問題、出井伸之氏がCEOを務めた10年間の間に失われたものが何であったか…様々な要因が絡み合い、現在のPS3不振へと繋げられています。

この本はソニーやPS3に対しての批判を並べ立てたものではありません。
むしろ、PS3が立ち直ってくれる事を願って「ゲキを飛ばした」本だと言えます。
本の最後は「PS3よ、イキロ!」という短い章で締められており、発売後のアップデートなどで新機能が追加され、PS2ゲームやDVDソフトの画質が向上する「アップコンバート機能」などを挙げて、PS3が「お買い得なハード」になったと書かれています。

…まぁ、PS3がお買い得だとは賛同しかねるのですが、著者のPSシリーズに対する思い入れが、最後の短い章に込められているのは確かでしょう。

しかし、今月の18日にはソニーグループが所有する、PS3の心臓部である「CELL」などを製造する施設が東芝に売却されることが発表され、11月11日に発売されるPS3の低価格モデルからは、PS2ソフトとの互換性が排除されることが明らかになりました。
この本に書かれていることも、瞬く間に「過去の事」になりつつあります。
時代の流れとは、本当に早いものです。
スポンサーサイト

ドラゴンクエストⅨ ニンテンドーDSで発売

DQ9

すでにTVやニュースサイトなどで報じられている通り、スクウェアエニックスの新作ゲーム「ドラゴンクエストⅨ」が、携帯ハードのニンテンドーDS(N-DS)で発売されることが決定しました。

最初に報道を見たときは、正直意外に思いました。ドラクエといえば、家で腰を落ち着けてプレイするゲームの代名詞みたいに思っていましたから。
ただ、冷静に考えてみれば、以前からドラクエは、
「発表時に一番売れて普及しているハードで出す」
という公約を掲げていましたし、据え置きハードを見てみると、安心できるプラットフォームがひとつも無いという状況です。

すでに旧世代機であるPS2の市場はかなり冷えきっていて、前作「Ⅷ」以上の売り上げはとても望めない状態です。それに、PS2で出来る事は「Ⅷ」でやり尽くしてしまった感がありますし……。
SCEIの切り札であったPS3はスタートでつまづいてしまい、マイナスイメージでばかり報道されるという体たらくです。
じゃあX-BOX360はというと、発売から1年以上が経過しても売り上げは細々としていて、ダブルミリオンを狙える市場には程遠いのが現状です。
で、最後の選択肢として任天堂ハードとなったわけですが、据え置きマシンのWiiは好調な滑り出しとなったものの、まだまだ先が見えない状態で、現時点では判断できかねない……となれば、現在売れ行き絶好調のN-DSになるのは必然なのでしょう。

ただ、PS2の「Ⅷ」でゴージャスな絵と音楽に慣れてしまったファンの間からは不満の声も上がっているようですね。某サイトにアップされていたスクリーンショット画像を拝見しましたが、それなりに美しいグラフィックになってはいても、やはり据え置きハードの画面と比べると見劣りするかも……。
でも、半ばCG映画と化したFFと違い、ドラクエはもともとゲーム性やドラマ性で勝負してきたタイトルです。それほど問題にはならないのでは…というのが個人的な感想です。

あと、戦闘にアクションを取り入れるそうですが、これは賛否両論に分かれそうです。
シリーズも9作目となり、マンネリ打破のための改革なのかも知れませんが、従来のドラクエはコマンド選択式ゲームの代名詞みたいなものでしたから、寝っ転がりながらでもプレイできる…という利点が失われてしまう事も考えられます。

ハイビジョンの大画面で、実写と見まがうような美麗CGのフィールドを歩き回る……というような新作を望んでいた人や、ドラクエⅨを当て込んでPS3を買った人は、さぞガッカリした事でしょう。実際、2CHなどの掲示板などには怒りの書き込みをする人が後を絶ちません。
「あくまでゲームは子供のためのもの」というスタンスを貫いたという事なのでしょうが、シリーズが20年以上も続き、ユーザーの中心層を若返らせたいという狙いもあったのかも知れませんね。

まあ、実際のゲームがどんな仕様になるのか分かりませんが、発売されたら間違いなく売れるでしょうね。ゲーム市場の主流は完全に携帯ハードに移りつつあります。

今後、PS3はかなり厳しい戦いを強いられるのではないでしょうか?

PS3盗んで…?警官に射殺

PS3

アメリカのノースカロライナ州ウィルミントンで、新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」を強奪した疑いで逮捕状が出ていた男子大学生(18)が警察官に射殺されるという事件が起きました。

この大学生は仲間とともに、先月17日に発売されたPS3を別の大学生から2台強奪したとされていて、今月1日に、警察チームが学生の自宅に踏み込んだ際、武器は持っていなかったけれど、PS3のコントローラーを持っていた可能性がある、との事。

ゲーム機が発端になって人の命が失われるという、何ともやりきれない事件ですね。
アメリカは銃に対する警戒がとても強い国ですから、この学生が手にしていたというコントローラーが、踏み込んできた警官には銃に見えたのかも知れません。

何だか、PS3に関して、ネガティブな報道ばかり聞かされているような気がします。

追悼 大神丈ノ助さん

今日、久しぶりにとあるサイトを覗いてみて驚きました。

90年代に人気を博した恋愛SLG「トゥルー・ラブストーリー」のファンサイトである
「トゥルーラブン」という名のサイトなのですが、中のカテゴリー先のリンクがほとんど削除されており、変だな…と思っていたところ、唯一残っていた掲示板に、
サイトの管理人でもあった大神丈ノ助さんが、8月に亡くなられていた事が記載されていたのです。

最初は「何かの冗談だろ?」と思ってしまったのですが、いろいろと情報を辿っていくにつれ、大神さんの訃報が本物である事を確認しました。

先日の実相寺監督、宮内氏の訃報に加えて、大神さんまで亡くなられていたなんて……。絶句してしまいました。8月に大神さんが亡くなった事を、不覚にも今日まで知らなかったのです。

実際にお会いした事はありませんでしたが、サイトに連載していた「トゥルーラブは世界一ぃぃ!」は楽しく読ませていただきましたし、サークル「はプロン団」から出版されていた同人誌も買いました。いろいろとトゥルー・ラブストーリー(TLS)を皮肉ったり茶化したりした内容の中にも、TLSに対する愛情をヒシヒシと感じられる作品でした。
本当に、今年は訃報が多いなぁ……。

大神丈ノ助さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

Wii 発売開始

Wii完売

今日から任天堂の「Wii」が発売開始となりました。
予想通り、初日出荷分は瞬く間に完売。店先ではいろいろあったようですが、PS3の時ほどの騒ぎにはならなかったようです。
地元のおもちゃ屋やデパートでもWiiは瞬殺状態で、次期入荷の予定も決まっていない状態でした。しばらくは品薄状態が続くと思われます。
N-DSLiteのように入手困難な状態が長期に渡るのは好ましくありませんので、速やかに増産体制を整えるのが最優先事項だと思います。

この年末商戦は、PS3、Wii、X-box360の三つ巴の争いになるわけですが、1年先行しているX-box360は未だ日本市場に受け入れられているとは言い難いです。先代X-boxの時よりはマシな状況ですが、厳しい戦いを強いられている事に変わりはないでしょう。
残るPS3とWiiの争いですが、双方とも生産体制がまだ整っていないので、年末年始の間にどれくらい出荷されるのか予想できません。店舗の側からすれば、あまりアテにするのも危険です。商戦のメインに据えられるのは次世代機よりも、確実に売り上げの見込めるN-DSだと思います。以前も書きましたが、Wii最大のライバルはPS3じゃなくてN-DSになるでしょうね。

今日はTVでもWii関連のニュースが流れました。
任天堂ハードのセレモニーに、かつて任天堂のライバルだったセガのキャラクターであるソニックが立ち会っていたのを見て、何だか物悲しい気分になったのは私だけでしょうか。
ソニック


店先にいたルイージの被り物をした人物が、実はスタッフでも何でもない侵入者だったなんていう噂も聞きましたが、詳細は分かりません。

あと、TVに何度も映っていた、Wiiコントローラーの被り物をした男性は、もしかしてピョコタン氏の漫画によく出てくるナベケンさんですか?

«  | ホーム |  »

プロフィール

MIA

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。